INFORMATION
インフォメーション・最新情報

新工法情報 メタルマスク撥水処理【Nコート】

従来の撥水処理に比べて格段の印刷性(転写性)を実現しました!

特徴1
弊社従来品のフッ素コートの膜厚(2μ)に比べ1μ以下の被膜を形成することにより、
より微細な開口にも確実に被膜形成が可能。
特徴2
弊社従来品より離型性をUPしたことにより印刷性(転写性)が向上し、
セット後1回目から安定した印刷が可能。
特徴3
弊社従来品では溶剤に対する撥水性が弱い面があったが、
Nコートでは水・溶剤ともに良好な撥水性が得られる。
この結果、ハンダの裏回りが抑えられ安定した印刷が可能。

離型性評価
評価方法
ステンレスの裏面にセロテープ(10cm)を貼り付け、剝がれの強さを計測。(図-1)

 (図-1)

                                   単位:ニュートンメートル

フッ素コート 1回目 2.015
2回目 2.35
 Nコート(NC-L) 1回目 1.2
2回目 1.05

 

 

 

 

 

撥水性評価
評価方法
フッ素コート・Nコート処理後MEKにて処理面を50回擦り、霧吹きにて水・エタノールを吹きかけ撥水状態を確認。

印刷評価
検証設備   天竜精機㈱社製 TSP700V
クリーム半田 千住金属社製 タイプⅣ ハンダ
  

  

  

クリーム半田印刷、部品実装でお困りでしたら是非ご相談ください。
表面実装支援(SMTボード・分割治具・リフローパレット)治具、
メタルマスク等幅広くお応えいたします。

インフォメーションTOPへ戻る