COMPANY’S HISTORY

沿革

1973年(昭和48年)
資本金50万円にて会社を設立
腕時計の文字盤印刷開始
1974年(昭和49年)
箱尺の生産開始
1975年(昭和50年)
資本金を150万円に増資
1976年(昭和51年)
資本金を700万円に増資
1979年(昭和54年)
セラミック基板(HIC)の製造開始
プリント配線基板の印刷開始
工業用フィルムの生産開始
シルクスクリーン版の製造開始
1984年(昭和59年)
セラミック基板(HIC)の製造撤退
1989年(平成元年)
メタルマスクの製造開始
代表取締役に田中義人就任
腕時計の文字盤印刷撤退
1995年(平成7年)
資本金を1,000万円に増資
2003年(平成15年)
基盤実装用治工具 (搬送キャリアボード)の生産開始
2004年(平成16年)
東京に営業拠点を開設
ISO 9001取得
2006年(平成18年)
YAGレーザー加工機導入
ISO 14001取得
2007年(平成19年)
CO2レーザー加工機導入
2008年(平成20年)
実装用治工具生産工場増設
NCルーター加工機導入
2009年(平成21年)
CO2レーザー加工機増設
工業フィルム事業 グループ会社へ移管
シルクスクリーン版製造事業 グループ会社へ移管
2011年(平成23年)
東北営業所を開設